日本部会のご紹介
日本部会のご紹介
組織・活動状況
APAA本部紹介
入会案内
年間スケジュール
本部総会・本部理事会

APAA本部紹介

アジア弁理士協会 (The Asian Patent Attorneys Association: APAA)は、日本の呼びかけに基づいて、日本、中華民国(現台湾)及び韓国の有志弁理士によって1969年12月に設立された、アジアにおける知的所有権に関する代理人の唯一の国際団体です。

1969年 5月、ジュネーブにおいて、BIRPI(現 WIPO)の主催により PCT 準備に関する代理人団体の国際会議が開催され、これに我が国の弁理士会が代表を派遣した際、BIRPI 首脳部から、翌年の BIRPI が主催する外交会議には民間団体については国際団体しか招聘されなくなる旨の通告があり、アジア地域における弁理士の国際団体の結成について示唆を受けました。

そこで日本の有志弁理士が中華民国(現台湾)及び韓国に国際団体の結成について働きかけ、賛同を得て同年12月26日、東京においてAPAA の発起人総会及び設立総会を開催し、APAA を設立しました。
現在、オセアニアの2地域を含む24の地域から加入があり、総会員数は、2015年9月30日現在で2480名となっています。


(1) オーストラリア部会154(13) マレーシア部会98
(2) バングラデシュ部会15(14) モンゴル*2
(3) ブータン*1(15) ミャンマー部会10
(4) ブルネイ*4(16) ネパール*5
(5) カンボジア*5(17) ニュージーランド部会32
(6) 香港部会124(18) パキスタン部会98
(7) インド部会220(19) フィリピン部会70
(8) インドネシア部会73(20) シンガポール部会84
(9) 日本部会664(21) スリランカ部会26
(10) 韓国部会360(22) 台湾部会210
(11) ラオス*3(23) タイ部会69
(12) マカオ部会16(24) ベトナム部会50

注1:当該地域の会員数が、一定数以上に達している等の条件を満たすと、部会を結成することが認められます。
*印の地域は、まだ会員数が少なく、部会を結成するに至っていない地域です。

注2:表中の数字は、日本部会のみ2016年4月8日時点での会員数、他は2015年9月30日時点での会員数です。



アジア弁理士協会の組織

名 誉 会 長浅村 皓(日本部会)
元 会 長C.K.Kwong (香港部会)、吉田 研二(日本部会)、Myung-Shin Kim(韓国部会)、Alonzo Q. Ancheta(フィリピン部会)、Dato V. L. Kandan(マレーシア部会)
会 長Patrick Yang-Oh Kim(韓国部会)
※歴代会長はこちらをご参照ください。
上席副会長勝沼 宏仁(日本部会)、Jennifer Lin(台湾部会)、Amarjit Singh(インド部会)
事 務 局 長竹内耕三(日本部会)
会 計 長Yew Woon Chooi(シンガポール部会)
副 会 長 Lee Pippard(オーストラリア部会) 、M. Salahuddin Abdullah(バングラデシュ部会)、Andrea Fong(香港部会)、Hari Subramaniam(インド部会)、Cita Citrawinda(インドネシア部会)、越智 隆夫(日本部会)、Ho-Hyun Nahm(韓国部会)、 Nuno Sardinha da Mata(マカオ部会)、Linda Wang(マレーシア部会)、Thein Aung(ミャンマー部会)、 Frank Callus(ニュージーランド部会)、Ali Kabir Shah(パキスタン部会)、Pablo M. Gancayco(フィリピン部会)、 Yew Woon Chooi(シンガポール部会)、Suganthie Wijayasuriya Kadirgamar(スリランカ部会)、Jennifer Lin(台湾部会) 、Darani Vachanavuttivong(タイ部会)、Pham Nghiem Xuan Bac(ベトナム部会)
理 事
各部会から会員数に応じて選出。日本部会から現在下記の25名
青木 博通、飯田  圭、稲葉  滋、岩本 康隆、
宇治美知子、岡部  譲、沖本 一暁、越智 隆夫、
勝沼 宏仁、樺澤  聡、川上 桂子、木戸 良彦、
熊倉 禎男、黒瀬 雅志、小西  恵、齊藤 純子、
櫻木 信義、竹内 耕三、永岡 重幸、中田 和博、
広瀬 文彦、藤倉 大作、松井 孝夫、水野みな子、
吉田 研二

(注)事務局は、特許業務法人浅村特許事務所内に置かれています。



アジア弁理士協会の活動状況

総会及び理事会の開催

通常総会については 3年に一度、理事会については毎年、各部会の持ち回りで開催されます。(これまでの総会及び理事会の開催状況については、こちらのページを参照ください。)総会では、事業報告、会計報告、各部会報告、各委員会報告等の定例的議題のほか、重要議題が審議されます。理事会では、ほぼ総会に準じた議題が審議されます。
また、総会及び理事会の開催の際に、併せて後記の各委員会の会合、及びワークショップ等が開催されるほか、交流を深めるためのレセプション、パーティー、エクスカーション、ゴルフ大会、バンケット等の行事も行われます。総会及び理事会の会期は、これらの委員会、各種行事を含めて4日間程度であり、開催地の名称を付して○○総会、○○理事会と称されます。

総会及び理事会には、会員のほか、アジア地域以外で弁理士業務を営む者にもオブザーバーとして参加を認めています。また、APAA の姉妹団体(下記5参照)の代表を招聘しています。アジアへの関心の高さを反映して、最近では、欧米を中心としてオブザーバー参加の希望が多くなっています。なお、会員は家族及び所員を同伴することができ、オブザーバーは家族を同伴することができます。


委員会活動

APAA には、会長、前及び元会長、上席副会長、副会長、会計長及び各部会長等のシニアメンバーから構成され、APAA の方針、国際協力問題等の重要案件を審議するExecutive Committee & Advisory Committee があるほか、現在、次の6つの分野別委員会が常設されています。

1. 商標委員会2. 模造品防止委員会3. 特許委員会
4. コピーライト委員会5. 意匠委員会6. イマージングIP 委員会

これらの委員会の会合では、各加盟地域の制度・運用の実態や法改正状況等について報告を行い、相互理解を深めるとともに、報告書を取り纏め、刊行する等の活動を行っています。また、適宜、関係国際会議に代表を派遣しています(下記参照)。


委員会及び委員会メンバー(メンバーは、日本部会分のみを記載しています。)

常設委員会(本部委員会)

Executive Committee (ExCom)

勝沼 宏仁(上席副会長)、竹内 耕三(事務局長)

Advisory Committee (AdCom)

吉田 研二(元会長)


  1. 1. 商標委員会
       中田 和博(共同委員長)、 葦原 エミ、 竹内 耕三、 筒井 章子
  2. 2. 模造品防止委員会
       井上 知哉、 外川 奈美、 渡辺 光
  3. 3. 特許委員会
       小西 恵(共同委員長)、 加藤志麻子、 堀江 哲弘、 山崎 一夫
  4. 4. コピーライト委員会
       加藤 光宏、 相良由里子、 畑添 隆人
  5. 5. 意匠委員会
       斎藤 純子(共同委員長)、 布施 哲也、 水野みな子、 渡邊  徹
  6. 6. イマージングIP委員会
       黒川 朋也、 松井 孝夫
非常設委員会
1.会員数促進委員会日本委員空席
2.特別プロジェクト&プログラム委員会沖本 一暁
3.規約改正委員会熊倉 禎男
4.会議開催地選定委員会勝沼 宏仁(上席副会長)、竹内 耕三(事務局長)、
吉田 研二(元会長)
5.財務諮問委員会勝沼 宏仁(上席副会長)、竹内 耕三(事務局長)、
吉田 研二(元会長)
6.アカデミー・グループ日本委員空席
7.ウェブサイト・グループ岩本 康隆(理事)

定例的刊行活動

定例的刊行物として、総会/理事会の議事録、及び APAA ウェブサイトには、総会/理事会における各部会報告、各委員会報告、ワークショップ報告等のほか、関係国際会議出席報告が掲載されます。
また、3年に1回、会員名簿を刊行(中間では毎年補遺版を刊行)し、全会員に配布しています。


国際会議への代表派遣

APAAは、下記の国際会議に代表を派遣しています。なお、下記には主要なもののみを挙げています。


(1) WIPO 会議
  • PCT 規則改正暫定諮問グループ会合
  • ヘーグ協定改正外交会議
  • 商標法・意匠法・地理的表示法常設委員会会合
  • PLT 採択外交会議
  • 特許法常設委員会(SCP)会合
  • PCT 改正ワーキンググループ会合
  • マドリッド制度の法律的発展に関するワーキンググループ会合
  • 周知商標保護専門家委員会会合
  • 電子商取引・知的所有権会議

(2) 関係団体主催会合
  • ASEAN IPA 国際会議
  • AIPLA・CIPA 共催特許法調和に関するシンポジウム
  • AIPLA 主催SPLT に関するセミナー
  • AIPPI・AIPLA・FICPI 共催SPLT に関するNGO 会合
  • AIPLA 主催三極特許庁ユーザー会議

姉妹団体との交流

総会等会合への代表の相互招聘のほか、適宜意見交換、情報交換等を行っています。 APAA の姉妹団体は次のとおりです。


FICPI(国際弁理士連盟)AIPPI(国際知的財産権保護協会)
AIPA(アセアン知的所有権協会)ECTA(欧州共同体商標協会)
EPI(欧州特許庁登録代理人協会)AIPLA(米国知的所有権協会)
ICC(国際商業会議所)ACG(反模造品団体)
INTA(国際商標協会)LESI(国際ライセンス協会)
ABA IPL Section(米国弁護士協会知的所有権部)

その他

1999年12月26日にAPAA 創立30周年を迎え、30周年記念誌を発行しました。